SENSA

2020.05.20

-Highlighter Vol.004-「VivaOla」

-Highlighter Vol.004-「VivaOla」

音楽だけでなく、どのカルチャーも共通点やつながりがあるということをコンセプトにしているSENSAでは、今回新たに、INTERVIEWシリーズ「Highlighter」をスタート。アーティストはもちろん、音楽に関わるクリエイターにどのような音楽・カルチャーに触れて現在までに至ったか、その人の人となりを探っていく。

Vol.004は、5/20(水)に先行Single「Runway」、6/17(水)にはmini Album「STRANDED」のリリースが決定しているVivaOlaに迫る。

VivaOlaアー写.jpg
VivaOla
東京出身のAlternative R&Bアーティスト。英詞と日本詞を織り交ぜつつ、様々なスタイルをクロスオーバーさせたR&Bを歌う。2019年1月に「Callin' 2 U (feat. Wez Atlas)」、5月にセルフプロデュースによる初EP 「Bloom」をリリースした。同年6月にEPのリード曲のIndie (feat. Itsumi)がSpotify Playlist「Soul Music Japan」に選出された。更に同年10月にリリースしたVivaOla, Jua, Wez Atlasの3人による共同作品「Vise le haut」もSpotify Playlist「New Era: Asian Hip-Hop」に選出された。他にも彼のシングル「On My Side (feat. Thomas Ng)」はSpotify Playlist「Tokyo Rising」に選出されるなど、さらなる活躍が期待されている。

また彼は東京を拠点とする音楽・アートコレクティブ「Solgasa」の一員。michel ko, Tommi Crane, Wez Atlasと期待の高まる若手のアーティストたちで構成されている。






活動を始めたきっかけ
中学の時に当時付き合っていた彼女のためにギターが弾きたくて練習し始めたのがきっかけです(笑)。作曲は高校の時にiPhoneのGarage Bandで遊びの延長的なノリで始めて、ちょうどその時から高校の同期のWez Atlasとも仲良くなりました。

ずっと特定のジャンルやスタイルにこだわらずいろんな音楽を作っていたんですけど、一昨年からアメリカに留学して、ちょうど一年経った頃にもっとR&Bを主軸としたクールな音楽を歌いたいなと思って、それ以来VivaOlaっていう名前で活動しています。


Wez Atlasは「Highlighter」のVol.1に登場!ぜひご覧ください。 -Highlighter Vol.001-「Wez Atlas」







影響を受けたアーティスト


中学の頃からずっとONE OK ROCKが好きで聴いていました!当時に歌い始めたのもワンオクの「完全感覚Dreamer」を歌いたかったのがきっかけです(笑)。英詞と和詩を織り交ぜた歌詞の構成もワンオクに影響を受けていると思います。また、作曲面で特に影響を受けたアルバムは「人生×僕=」っていうアルバムです。







あと、VivaOlaへ方向転換する上ですごく影響を受けたのが韓国のDEANっていうアーティストです。ヒップホップの要素をふんだんに取り入れた彼の音楽を聴いた時に、僕の中でのそれまでのR&Bのイメージがいい意味で崩されたような気がして、それ以来ずっとハマって聴いています。










注目してほしい、自分の関わった作品


今年の始めにリリースした、「Even After All」って曲も個人的にはすごく気に入っています!アルバムジャケットはマツムラアキラさんに描いてもらって、リリックビデオはアフガンRAYさんに撮ってもらいました。











今後挑戦してみたいこと


VivaOlaを始めて以来ずっと曲を作ってばかりだったので、今年〜来年は状況が落ち着き次第、もっとライブを中心に活動していきたいです!

あと、よく曲を作っていて他のアーティストの色が欲しくなって、その結果フィーチャーが多くなるんですけど、これからは逆にもっと自分が他の人の曲にフィーチャーしていきたいです。





FRIENDSHIP.から配信したきっかけ


去年の7月ごろにキュレーターの一人であるFREE THROWのタイラさんと直接会って話してみたらすごく気が合って、FRIENDSHIP.のスタイルが今の自分の活動のニーズに合っていると思ったので、それ以来FRIENDSHIP.から配信しています。





カルチャーについて

触れてきたカルチャー


小・中学校の時、東京のインターナショナルスクールに通っていたので、アメリカの文化を半バーチャル的に感じながら育ったんですけど、初めてアメリカに行って現地のカルチャーを直に感じ、その影響が今のVivaOlaにすごく活かされていると思います。





今注目しているカルチャー


音楽を作っていないときはずーっとYouTubeを見ています(笑)。最近はまっているのはPursuit of Wonderって名前の哲学や思考実験系のコンテンツを扱っているチャンネルです。こういうのが最終的に音楽のアイデアになったりするので、1日何時間も見たりしちゃいます。

これから芸術活動や何かを始めようって思っている人に特におすすめなのは、アメリカの無頼派作家チャールズ・ブコウスキーの人生と彼の墓碑銘に書かれている"Don't Try"の意味を主軸に、彼の歩んだ人生とそこにある精神論について触れているこの動画です!












RELEASE INFORMATION

RunwayJKT.png
VivaOla「Runway」

2020年5月20日(水)

視聴はこちら




STRANDEDジャケット.pngVivaOla「STRANDED」

2020年6月17日(水)




LINK
@viva0la
@viva0la