SENSA

2020.03.11

食べ比べてみよう!〜ハッシュドポテト編〜

食べ比べてみよう!〜ハッシュドポテト編〜

突然ですが「ハッシュドポテト」って知ってますか?そう、マクドナルドのモーニングメニューなどでお馴染みの「ハッシュドポテト」です。なぜこんなにも突然「ハッシュドポテト」について語り出したのかというと、私のなかで空前の「ハッシュドポテト」ブームが巻き起こっているからです。冒頭にも書きましたが、「ハッシュドポテト」といえばマクドナルドのモーニングメニューもしくは冷凍食品などで食べられるというイメージかもしれません。でも、朝10:30までにマクドナルドへ行かないと食べれなかったり、自宅で油を使って揚げたりというのは何かと手間がかかりますよね。しかし!最近では街のコンビニエンスストアにある"ホットスナック"のコーナーに「ハッシュドポテト」が並んでいるではありませんか!ということで、どのコンビニエンスストアの「ハッシュドポテト」がどんな味なのか、思い切って比較してみました!と、その前に「ハッシュドポテト」って何さ?と思った方にまずは説明しましょう。



「ハッシュドポテト」とは

細かく切ったジャガイモを原料とする料理。ハッシュポテトとも呼ばれる。フライドポテトなどと同じ和製英語であるが、文法的には間違っていないので意味は通じる。正しい英語では、ハッシュ(ト)ブラウンズ(Hash browns or hashed browns) である。主として北米において、朝食のサイドメニューとして用いられる。

本来のハッシュト・ブラウン・ポテトは細切りあるいは角切りにしたじゃがいもをフライパンやオーブンで焼いた料理であるが、日本においてはもっぱら冷凍食品として流通する工業生産品を指す。小麦粉を繋ぎとして小判型や丸型に整形されており、170℃から180℃の油で揚げるほか、オーブンやトースター、フライパンでも調理できる。そのため軽食としても利用しやすく、ファストフードやコンビニエンスストアのスナックメニューにも見られる。炭水化物が豊富で、みじん切りにすることで表面積が増え吸油率が上がるため、油で揚げると非常に高カロリーな食品となる。味付けには一般にトマトケチャップなどが用いられるが、既製品にはあらかじめ軽い塩味がついているため、調味料なしのそのままの状態でも食べられる。名称が似ているマッシュポテト(Mashed potatoes)は、同じジャガイモ料理であることを除けば関係ない。



(ウィキペディアより引用)



「ハッシュドポテト」は和製英語だったんですね...!ザクザクとした食感にホクホクのポテトは、一度食べたらやみつきになってしまう。そんな「ハッシュドポテト」、ブランドごとに味や食感は変わるのだろうか?!と疑問に思ったので、今回は"コンビニエンスストアのハッシュドポテト"に焦点を当て、食べ比べてみたいと思います!

今回は下記のチェーン店のハッシュドポテトを食べ比べてみました!

hassy.jpg

レッツ!食べ比べ☆

セブンイレブン正方形.jpg
まずはセブンイレブン。大きさは 10cm×7cm。角の丸い長方形で重さは約60g。ポテトの刻み具合は細かく、味は濃いめでしっかりとしています。食感はザクザクと食べ応えがあり、あっという間に1個食べ終わってしまいます。サイズ感もしっかりしており、大きいという印象ですが、意外と厚みはなく、油っこくもないので、ぺろっと食べれてしまいます!




ファミマ正方形.jpg
続いてファミリーマート。つい最近リニューアルしたファミリーマートのハッシュドポテト。旧タイプは長方形でさっぱりとした味に少し固めで、ザクザク感が程よかったですが、新しくなったファミリーマートのハッシュドポテトは細長い楕円形。大きさは11cm×6cm、重さ70gと他店のハッシュドポテトの中でも大きめサイズです。厚みもあり、ポテトも粗めに刻まれていますが、味は少し濃いめで後味に癖があり、好き嫌いが分かれそう...と感じました。イモ本来の味がしっかり出ている、という印象です。




ローソン正方形.jpg
ローソンは大きさ10cm×6.5cmの重さ60g。あまり厚みはありませんが大きさもちょうど良く、ポテトも粗めに刻まれています。味は他店に比べてさっぱり薄味。しかし他店のものに比べてザクザクというよりサクサクした食感は、特に朝食にもぴったりかもしれません。あまり大きくなく、小腹が空いた時にちょうど良いサイズ感と味だと思いました。




デイリーヤマザキ正方形.jpg
デイリーヤマザキは大きさ・重さ共にローソンと同じ10cm×6.5cmの重さ60gでしたが、ポテトは粗めに刻まれており、ザクザクとした食感でした。味は程よく食べやすい、という印象。個人的に今回比較した中では、味の濃さ・ザクザク感共に1番好きなのはデイリーヤマザキのハッシュドポテトでした。




それぞれのお店で、味付けや見た目も違うということがわかりました。高カロリーで食べ応えもあり、忙しい朝でもサクッと食べれる手軽さが良いですね!しかしハッシュドポテト、一度食べたら小腹が空くたび食べたくなってしまうのですが、なぜでしょうか...。あまり食べ過ぎも良くないですが、紹介した以外にも冷凍食品や、ピザ屋でもハッシュドポテトを販売しているお店もあるので、「ジャガイモは食べられるけどフライドポテトが苦手!」という人や、フライドポテトに少し飽きてしまった方は是非食べてみてください!いかがでしたでしょうか?皆さんもぜひ食べ比べてみてくださいね!


おまけの「ハッシュドポテト」ソング
軽い気持ちで「ハッシュドポテトについて歌った楽曲ってあるのかな〜」と探してみたところ中々見つからず...洋楽でも本来の"ハッシュドポテト"とは違った意味の楽曲もありましたが、まとめてみました!






この記事もオススメ!
CULTURE『皆さんペヤング食べたいですかー!?美味しいペヤングの作り方。
PLAYLIST『ホッとひと息。
INTERVIEW『ゴンチチに聞く、喫茶と音楽。