SENSA

2020.08.05

梅雨も明けて蝉の鳴き声も聞こえて来るようになりました。天気もカラッとしていて体を動かしたくなります。今年は夏フェスも相次いで中止になり、自粛の続く日々ですが、感染予防・対策をしっかりとして、来年のフェスシーズンに備えて元気に過ごしていきたいですね!
8月6日(木)から東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店のイベントスペース「208HANDS」では、夏フェスを代表する全30組のアーティストのオフィシャルグッズを取り扱うポップアップショップ「GOODS MARKET 2020」が期間限定で開催中です。
定番のTシャツはもちろん、タオルやバッグ、ステッカーなど様々なグッズがポップアップショップに並びます!実物を見てグッズ購入ができるチャンスです。グッズから「このアーティストの楽曲をきいてみよう!」という新たな出会いもあるかも!

GOODS MARKET 2020
gm_tate_1500_20200731.jpeg


開催日程:2020年8月6日(木)~2020年8月25日(火)
開催時間:11:00~21:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間を短縮しております。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
※時間は変更になる場合もございます。
※状況により、整理券の配布・入場制限をする場合がございます。予めご了承くださいませ。

開催場所:東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店
(東京都渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン10階

■取り扱い予定アーティスト
avengers in sci-fi / [Alexandros] / odol / THE ORAL CIGARETTES / KANA-BOON / 銀杏BOYZ / Keishi Tanaka / Saucy Dog / サカナクション/ the shes gone / SHISHAMO / syrup16g / SPiCYSOL / teto / DENIMS / the telephones / TOTALFAT / パノラマパナマタウン / BIGMAMA / The fin. / フレデリック / Helsinki Lambda Club / bonobos / POLYSICS / YAJICO GIRL / ユアネス / ユレニワ / LITE / LAMP IN TERREN / LOST IN TIME
※取り扱いの商品は全て、各アーティストが通信販売で取り扱っているものと同商品。新規商品や限定商品などの取り扱いはございません。

GOODS MARKET 2020 PHOTO REPORT!
ただいま開催中の「GOODS MARKET 2020」にSENSAチームで行ってきました!各アーティストの夏フェス定番グッズから日常生活にも取り入れられるグッズまで勢揃い!さらに各グッズのサンプルも多く展示されているのでぜひ手に取ってチェックしてください!家が遠くて行けない方にも会場の模様をお届けします!
goodsmarket_1.jpg
▲広いスペースにアーティストのグッズがそれぞれ展開されています。
goodsmarket_2.jpg
▲フェスっぽくて可愛らしいガーランドが目印!
goodsmarket_7.jpg
▲ずらーっとTシャツのサンプルも展示されているのでサイズ感など手に取って確かめることができます!
goodsmarket_6.jpg
▲SENSA STAFFも真剣にグッズをチェック!
goodsmarket_3.jpg
▲トートバッグなどもサンプルが展示されているので、内ポケットの大きさや生地の肌触りなどもわかりやすいです。
goodsmarket_12.jpg
▲各アーティストごとにまとめて展示されているのでお目当てのグッズが探しやすい!
goodsmarket_9.jpg


どのアーティストも素敵なグッズばかりで、何を買うか迷ってしまいます!サンプルもたくさん置かれているので、フェスやライブだけでなく、普段使いする時の参考にもしやすいです。ぜひ皆さんも、実際にグッズを手に取ってどれを買うか吟味してみてくださいね!


PLAYLIST「GOODS MARKET 2020」

今回、SENSAでは「GOODS MARKET 2020」の開催を記念して取り扱われているアーティストの楽曲をまとめたプレイリストを作成しました!聴いたことのある楽曲から夏フェス定番曲、懐かしい楽曲、初めて聴くアーティストもいるかもしれません。ぜひグッズとあわせてチェックしてください!今回は、プレイリストの中からおすすめの楽曲をいくつか紹介!




[Alexandros]「Philosophy」
今年1月にリリースされた[Alexandros]の「Philosophy」は、大人と子どもの狭間で人生の岐路に立つ18歳世代と、一生記憶に残る、熱量の高い体験を共に紡ぎたいとの想いから生まれたテレビ番組の企画「18祭」で生まれた楽曲です。18歳世代から「自分だけのかっこよさ」をテーマに動画を募集し、それをもとに制作されています。1000人の18歳世代のコーラスとVo.川上洋平の歌声が重なる瞬間は圧巻です。年末のフェスでは披露されていましたが、リリース後にはまだ披露されていない楽曲。ライブやフェスの再開が待ち遠しいですね。


サカナクション「忘れられないの」
1980年代の音楽・カルチャーに大きく影響を受けている楽曲、「忘れられないの」。80年代に普及し始めていた8センチCDでのリリースも話題になりましたね。パッケージも当時と同じ縦型の形状で、当時の流行にならって、両曲のカラオケバージョンも収録されました。Music Videoも80年代の音楽番組を彷彿とさせるようなセットと衣装にときめきが止まりません!夏の終わりを感じさせるメロディにほんの少しの寂しさを感じますね。ドリンクを片手に体を揺らしながら聴きたい楽曲です。


銀杏BOYZ「恋は永遠」
峯田和伸のソロ名義で銀杏BOYZを始動。2003年5月から本格的にバンドとしての活動を開始。2017年にリリースされた恋とロックを軸とした連続シングルリリースの第三作目「恋は永遠」。懐かしさを感じさせるグループ・サウンズの雰囲気もありつつ、あたたかみのあるノイズ感。Vo.峯田和伸の描く"恋とロック"は、いつの時代も甘酸っぱくて切なさを含んでいて忘れられません。日の傾く頃、夏の夜風を感じながら聴きたい1曲。


SHISHAMO「妄想サマー」
「妄想サマー」はまだ見ぬ恋人とのデートを妄想する恋愛ソング。可愛らしく、SHISHAMOらしい軽やかながらも芯のあるサウンドがクセになります。「この夏1人なのは私だけ」というフレーズが胸に突き刺さりました...。公開されているリリックビデオはジャケット写真などのアートワークでもおなじみのGt.Vo.宮崎朝子による描き下ろしイラスト。女子の"こんな夏を過ごしたいよね!"という気持ちを見事に代弁してくれています...!


ユアネス「籠の中に鳥」
4月に配信限定でリリースされた「籠の中に鳥」は、彼ら自身初のアニメ主題歌としても話題になりました。これまでのユアネスにはない、壮大なスケール感とVo.黒川侑司の透き通る歌声は、聴いていると自然と楽曲の世界に引き込まれます。今回のGOODS MARKETではTシャツやラバーバンドといったグッズはもちろん、彼ら自身初のライブDVD作品「LIVE VIDEO One Man Live Tour 2020 "ES" Final at LIQUIDROOM」も販売されます!ユアネス公式ツイッターアカウントではLIVE DVDと連動したプレゼント企画を行なっています。この機会にDVDをゲットして参加してみてください!




今回は30曲の中から5曲をピックアップしました!
様々なアーティストのグッズをまとめてチェックできる機会はなかなかないので、お近くの方はぜひ「GOODS MARKET 2020」に立ち寄ってみてください。グッズを手に入れて・身につけて、このプレイリストを聴いて、夏フェス気分を味わってみては?
お気に入りの曲に出会えたら、ぜひ左にスワイプで楽曲のお気に入り登録、プレイリストのフォローもよろしくお願いします!!