SENSA

  • RECOMMEND

2019.05.05

心と体、空気感をも震わせる16歳女子高生シンガー「みゆな」

心と体、空気感をも震わせる16歳女子高生シンガー「みゆな」

今回のレコメンドは、「みゆな」です。


miyuna.jpg


宮崎県在住の16歳現役女子高生シンガーで、2018年夏に地元のストリートや下北沢などを中心に音楽活動を開始。その高いポテンシャルから開始後数ヶ月でa-nationの長崎公演出演や、デビュー前としては異例のTVアニメ『ブラッククローバー』のテーマソングに抜擢されるなど、SNSを中心に話題を呼んでいるアーティストです。

みゆな「ガムシャラ」


まずは、40万回再生を突破した「ガムシャラ」。この楽曲をYouTubeの関連動画から見つけた時、芯がありつつも柔軟な歌声、そして気持ちよすぎるメロディーラインに圧倒され、一瞬で彼女のファンに。そしてその後16歳である事を知り、その若さにも驚きました。
この曲の作曲は、パスピエの成田ハネダ(Key)が担当。言われてみると、パスピエの特徴とも言える疾走感のあるメロディー・ギターアプローチを感じます。


みゆな「ふわふわ」





こちらのピアノとギターのみで構成された「ふわふわ」は、彼女の歌声を最大限に引き出す掴みから始まり、そこから広がっていく曲展開に、終始鳥肌が立ちました。
こちらの作詞作曲はみゆなさん自身。「悲しいことがあった日はさぁ / 強めのお酒で酔いつぶれて / 辛いことがあった日はさぁ / 「あれ、誰の胸で泣いてたっけ」」。こんな描写が高校一年生でかけてしまうセンス、脱帽してしまいます。鬱憤や、ややこしい事が聞いているうちに吐き出せて、ふわふわと飛んでいってしまいそうな曲です。


あいみょんやAimerをはじめとした現代の女性シンガー界は多様化が進み激戦区となっていますが、彼女はその中でも間違いなく、新星となって光るアーティストになっていくはずです。


新人ながら大型タイアップもあり、若手注目株の彼女。様々な音楽イベントへの出演、ワンマンライブ開催と次々見逃せないライブも決まっています。ビックになってしまう前に是非ライブに行ってみてはいかがでしょうか?


そして、新曲「僕と君のララバイ」が4月14日から放送のTVアニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシリーズ第3クールEDテーマに決定!各音楽配信サイトにてリリースもされているので、ぜひ最新楽曲もチェックしてみて下さい。






Official Site
@miyunasinger
@miyuna_miyuna
※今回はHIP LAND MUSICインターンシップ生による執筆