SENSA

  • RECOMMEND

2018.12.15

心地よさと、すこしの不穏。「SaToA」

心地よさと、すこしの不穏。「SaToA」

今回のレコメンドは、「SaToA」です。
SaToA_2018ap.jpg
東京で活動する女性スリーピース・バンド。"SaToA(サトア)"は、メンバーであるSachiko(Gt. / Vo.)、Tomoko(Ba. / Vo.)、Ami(Dr. / Vo.)の名前の頭文字をとって名付けられたもの。SachikoとTomokoは実の姉妹であり、TomokoとAmiは同級生とのこと。

SaToA「Light」




SaToAは、メンバー全員がメインボーカル。
3人とも、女性らしいおしとやかな空気感を持った歌声。主張しすぎない優しい3人の歌声が重なると、爽やかで心地よいハーモニーを生み出します。
そして、肩の力が抜けるようなノスタルジックな楽曲センスがまた素晴らしい。「Light」は、甘酸っぱいインディーポップサウンドの中に、ワウの効いたギターが生むグルーヴから、どことなくファンクやソウルのエッセンスも感じます。
しかし、私が思うSaToAの一番の魅力は、"すこしの不穏さ"。コーラスも演奏も、たまにキーを無視するかのような不協和音や独特なズレが入ってきて、ほんのすこし不安を感じさせます。その心地よさの中にある絶妙な不穏さが、聴いた時耳に引っかかり、どんどんクセになっていく。一筋縄ではいかない味わい深いSaToAのサウンドに、気づけば虜になっていました。


SaToA「Rudolph」






SaToA「夢の島」






SaToA「サトアのなんちゃらラジオ」





また、彼女たちは"DIY精神"が強いところも魅力のうちの1つ。自主レーベル"kesäkuuta market"を立ち上げたり、MVの制作も行い、さらにはSound Cloudにてラジオ番組「サトアのなんちゃらラジオ」を不定期で配信。
ラジオでは、好き/嫌いなものに対して素直に話しており、素朴でゆるいガールズトークに花を咲かせています。最新回では、"語尾を伸ばして喋る男が苦手"という話に。例として、好きな女性にバラを渡す某恋愛番組に出てくる男性の声真似をされていたのですが、番組視聴者だった私は共感の嵐。あまりにも特徴をとらえていて、思わず笑ってしまいました。
関心のあるものに対して素直に追求していくDIYなSaToA、今後の活動にも注目です。




2018年12月19日(水)に 7inchシングル "silhouette" をリリース。
それに伴い、2019年1月5日(土)にレコ発ライブを行うそうですので、ご興味のある方は是非!


kesäkuuta market presents "新春 silhouette release party"
2018年1月5日(土) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:下北沢SHELTER
料金:ADV. ¥2,500 (1D代別)
チケット:イープラス
出演:SaToA

[Guest]
やなぎさわまちことまちこの恐竜
1983




@SaToAsta
satoa.daishukaku
Nannchara Radio