SENSA

2020.04.29

-Highlighter Vol.003-「Cody・Lee(李)」

-Highlighter Vol.003-「Cody・Lee(李)」

音楽だけでなく、どのカルチャーも共通点やつながりがあるということをコンセプトにしているSENSAでは、今回新たに、INTERVIEWシリーズ「Highlighter」をスタート。アーティストはもちろん、音楽に関わるクリエイターにどのような音楽・カルチャーに触れて現在までに至ったか、その人の人となりを探っていく。



Vol.003は、4/29(水)に3rd digital single『桜町』を自主レーベル「sakuramachi records」からリリースしたCody・Lee(李)の高橋響(Vo/Gt)に迫る。
MAIN.jpg
Cody・Lee(李)
2018 年8 月結成。同月、1st single『drizzle』をリリース。併せて新宿SUNFACE でリリースパーティを開催。PENs+ solo、INNOSENT in FORMAL、よしむらひらくを招き大盛況に終わる。

2019 年1 月、Eggs 内オーディション「LIVE BOOSTER」でグランプリを獲得。3 月、Eggs 内オーディション「LIVE BOOSTER」グランプリのプライズとしてZeppTokyo でのライブに出演。

4 月、1st mini album『シティボーイズ・オン・ザ・ラン』をリリース。併せて下北沢BASEMENTBAR でリリースパーティを開催。羊文学、No Buses、Mr.Seaside、レイラと共演。ソールドアウトし大盛況に終わる。

6 月、「SUMMER SONIC 2019」出演を賭けたオーディション「出れんの!? サマソニ!?」の最終ライブ審査に進出。8 月、「BAYCAMP」への出演を賭けたオーディション「TIP OFF ACT」でグランプリを獲得。翌月の同イベントへ出演。10 月、「COUNTDOWN JAPAN19/20」への出演を賭けたオーディション「RO JACK」のマンスリーアーティストに選出。

11 月、2nd digital single『I'm sweet on you(BABY I LOVE YOU)』をリリース。

2020 年1 月、サポートメンバーだった尾崎リノ(Vo.Ag) が正式に加入。





活動を始めたきっかけ

大学生になって始めたバンドが箸にも棒にも掛からず(結成しては解散を繰り返していました)、音楽活動から疎遠になり「自分には才能がないんだ...」と夢を諦め、就職活動へ向けた資格取得の勉強をしていました。そんな時、彼女がお風呂でunderslowjamsやbonobos、evening cinemaなどを聴いていて、嫉妬し、彼女にお風呂で聴いてもらう為に宅録での楽曲制作を始めました。





影響を受けたアーティスト

影響を受けたアーティストはフジファブリック、くるり、銀杏BOYZ、Enjoy Music Club、スチャダラパー、岡村靖幸など...です。中学3年生の頃、三送会(3年生を送る会)で全校生徒の前、フジファブリックの「夜明けのBEAT」を演奏しました。その瞬間の熱気や興奮は今まで体感したことのないもので、それから本気で音楽家を志すようになりました。








注目してほしい、自分の関わった作品

4月29日(水)に「桜町」という楽曲が配信リリースされました。ヴァイオリンに谷崎航大(THEラブ人間)、ピアノに中野郁哉を迎え、従来のバンドサウンドから大幅にステップアップした作品になりました。年末、地元に帰った時にベーシックを作成、2月末に行われた伊豆スタジオでの2泊3日レコーディング合宿でデモ音源を完成させレコーディングまで行いました。尾崎リノ(Vo/Ag)、西間慧(support)新体制になってから初めて寝食を共にしました。また、「桜町」というタイトルは僕の生まれ育った町の名前です。個人的な話になりますが「地元のロック・スターになる」という夢が少し近付いたような気がします。








今後挑戦してみたいこと

演出やセットから考えたワンマンライブ、バンドでの映画制作(MOOSIC LAB的な)、ヴィレッジヴァンガードでのインストアライブがしたいです。





FRIENDSHIP.から配信したきっかけ

昨年4月に1st mini album『シティボーイズ・オン・ザ・ラン』をフィジカルでリリースしたのですがお金がなく配信できずに「どうしようか...」と困っていました。そしたら結成からずっとお世話になり続けていてFRIENDSHIP.のキュレーターでもある片山翔太さん(下北沢BASEMENTBAR/BYE CHOOSE)に「良い配信サービスがあるんだけど」と紹介して頂きました。

FRIENDSHIP.で配信を始めてから、SpotifyやAppleMusic内のインプレッションが多いプレイリストにセレクトして頂けて曲の再生回数、月間リスナー数が2桁程増えました。とても信頼のできる配信サービスです。






カルチャーについて

Cody・Lee(李)はメンバーそれぞれのカルチャー的インプットを大切にしています。



ジャケット-25_1000.jpg
高橋響(Vo/Gt):'10年辺りの邦画が好きです。特に『色即ぜねれいしょん』や『ジョゼと虎と魚たち』、『グミ・チョコレート・パイン』など...親の影響で昔から沢山観ていました。楽曲の歌詞にも度々出てきます。








尾崎リノ.jpg
尾崎リノ(Vo/Ag)浅野いにおさんの漫画が高校生からずっと好きで本棚に一通り揃っています。本を移動時間や空き時間に読むのですが1年程前から現代短歌にハマっていて、木下龍也さんや佐々木あららさんなどが好きです。『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』は私の尊敬する詩人お二人の歌集で歌詞を書く時にインスピレーションを得るために読んだりしています。

最近は最果タヒさんの活躍などから若い人達にも詩という文化が広がりつつあると思うので、現代短歌もこの流れにのって流行るのではないかなと注目しています。気になった方には新鋭短歌シリーズがオススメなので読んでみると良いかもしれないです。




山口力毅.jpg
山口力毅(Gt/Cho):漫画は、子供の頃は『男一匹ガキ大将』(本宮ひろ志 著)や『サバイバル』(さいとう・たかを 著)を見て育ちました。最近で言うとロビン西さんの『マインド・ゲーム』やゴトウユキコさんの作品が好きです。

また、『NYLON』『装苑』などの雑誌が好きで、ファッションへのインスピレーションを受けています。ファッションについては、同じ服でも人の数だけ着こなしがあるところに強い魅力を感じます。




原汰輝.jpg
原汰輝(Dr/Cho):元々食べることが好きなんですけど、3年前にPADDLERS COFFEEというコーヒーショップに出会ってから色々なカルチャーに興味を持った気がします。コーヒーだけでなく食やアート、ファッション、映画、写真など...今の自分を形成している根本となるものに、好奇心を抱くきっかけとなった場所です。そこのオーナー松島大介さんや、エッセイストの松浦弥太郎さんなどを人として尊敬しています。








RELEASE INFORMATION

『桜町』本ジャケット_0410_800.jpg
Cody・Lee(李)「桜町」

2020年4月29日(水)

視聴はこちら






LINK
オフィシャルサイト
@C_D_Y_L