SENSA

2020.03.09

Fukai Nana Tokyo Tour 2020 最終公演 pollyを迎えたシューゲイズな一夜。

Fukai Nana Tokyo Tour 2020 最終公演 pollyを迎えたシューゲイズな一夜。

Fukai Nana Tokyo Tour 2020 最終公演「K RELEASE PARTY」が下北沢THREEにて開催された。Fukai Nanaにとっては初めてとなるツーマンライブ。対バンにはGt.yoheiが高校生の頃からファンだというpollyが迎えられた。
Fukai Nanaはライブ活動休止をしていたバンドだが、Vo.Jacopo Lanotte の一時帰国により今回のツアーで期間限定の活動再開となった。

まずステージに登場したのはpolly。Vo.越雲龍馬が "pollyです。よろしく"と手を挙げ、スタートから「生活」「花束」「泣きたくなるような」の3曲を披露。「泣きたくなるような」ではギターを振り上げ、フロアに向けて笑って見せた。
続いて、Vo.越雲がギターを置いてマイクを手に持ち空気を一変させる。どこか無機質なシンセに乗せたドリーミーな楽曲「Plastic」を披露。緊張感のあったフロアもようやく空気がほぐれ、観客も一緒に身体を揺らした。続いて、THE NOVEMBERS 小林祐介との共作バラード「同じ花を見つめながら」を丁寧に歌い上げた。
IMG_3457.jpg

Photo by Henry


MCでは越雲が「Fukai Nanaはライブにもよく来てくれて、"優秀なファン"みたいで。(自身の)ツアーも終わったところで正直休みたいなと思っていたけど、 熱意がすごかったので、今日は実現しました。」と開催の経緯を語った。続いて披露したのは、透き通るような歌声が印象的な「哀余る」。アップテンポなこの楽曲にはフロアも盛り上がりを見せていた。

"Fukai Nanaがこの曲を聞いてpollyを好きになりました、と言ってくれたので今日はやる予定じゃなかったんだけど、やります。"と言ってはじまったのは、ギターの轟音が印象的なイントロの「沈めてくれたら」。続けて「バースデイ」「狂おしい」と披露。両楽曲共にゴシックで激しいサウンドの中に美しさ・繊細さが存在している。演奏中、Fukai Nana Gt.yoheiに越雲が自身のギターを渡し、堅い握手を交わすシーンも。フロアの盛り上がりも最高潮に達していた。

最後の楽曲は「Starlight Starlight」。"今日は本当にたのしかったです。また会おうね。いい日になりますように。pollyでした。"と言って静かで水の中にいるかのような空間を作りだした。フロアも静かに聴き入り、演奏を終えると、越雲は笑って手を振りステージを後にした。
IMG_3458.jpg

Photo by Henry


いよいよFukai Nanaのステージへ。ライブではお馴染みの楽曲「黙っている子」から幕を開けた。息つく間もなく「飛び込む」へ。Fukai Nanaと言えばこの曲といっても過言ではない1曲。いつにもまして丁寧に演奏されていた。

続いて、違和感のあるような、けれど落ち着くような不思議な空気を作りはじまったのは「春物語」。曲中の、落としきったテンポ・ボリュームを徐々に上げていくパートでの地の底から湧いてくるかのような盛り上がりは圧巻であった。「yohei」「Escape」と次々に演奏し、続けてVo.Jacopoが友達について書いたという新曲「Friends Graduation」を披露。ここまでメンバー、観客共にどこかラストライブへの気負いがあったのかダウナーな雰囲気をまとっていたが、一つ殻から出れたような一体感がこの曲で生まれたようだった。
IMG_3133.jpeg

Photo by KOJI OKAMOTO


IMG_3107.jpeg

Photo by KOJI OKAMOTO



言葉も少なく、"今日は全部の曲やりますから" と言って始めたのは、人気曲「愛ができない」。普段よりもテンポを落とし、より丁寧に歌い上げる様子は今回のツアーで演奏する最後の時間を惜しんでいるかのようだった。そして「Ordinary」。この楽曲は帰国前に新曲としてライブで披露していた楽曲。キラキラとした音の粒が跳ね、どこか淡々としたイントロには自然にわくわくとさせられる。
IMG_3114.jpeg

Photo by KOJI OKAMOTO


続いて新曲「君分かってない」。Fukai Nanaの楽曲にはめずらしく歌で進めていくイントロで、"君分かってない 本当の気持ちは" という詞を歌い終えると同時にバンドの演奏がはじまる。Gt.yohei、Ba.Rikuのコーラスで加わった音の厚みにはバンドサウンドの中に聖歌のニュアンスがあるようにさえ感じた。最後を惜しむかのようにヤコポと目を合わせギターを弾くyoheiの姿からはバンドや音楽と真摯に向き合ってきた彼の素直さがにじみ出ていた。

歌を主導に展開する新曲2曲からも聴いて取れるように、Jacopoの表現したいことは日々目まぐるしく変化しているのではないかと思う。自由で、時に破天荒な彼に、素直な興味と絶大な信頼を寄せたメンバーが集まり、音楽・バンドを楽しんでいるのだと改めて感じることができる光景であった。
IMG_3120.jpeg

Photo by KOJI OKAMOTO


いよいよ本編最後の曲、Jacopoが "次は多分知ってると思う" と言ってはじまったのは今日のライブを冠している楽曲、「K」。イントロから観客の歓声が起こり、今日一番の盛り上がりを見せた。Jacopoの叫びと共に、ステージ・フロアも最高潮に達し、本編を終えた。

DSC_9437 (1).jpeg

Photo by 广



そしてアンコールへ。Gt.yoheiが登場し、"ヤコポくんがMCするところで全然MCしないから、ちょっと休憩。"と言って会場を和ませつつ、Jacopo、Riku、Natsukiの3人と出会えたことに感謝を述べた。

アンコールの曲は「Stelle Cadenti」。UKインディーサウンドから爆音シューゲイズに展開していくFukai Nanaらしさの詰まったこの楽曲は、Fukai Nanaそのものを表しているかのようだった。ギターを置いたJacopoはフロアを見渡し、"ありがとう。また友達として会いましょうね"と言って、鳴り止まない拍手の中ステージを終えた。


Setlist

polly

1.生活

2.花束

3.泣きたくなるような

4.Plastic

5.同じ花を見つめながら

6.哀余る

7.沈めてくれたら

8.バースデイ

9.狂おしい

10.Starlight Starlight

@polly__jp

polly_jp



Fukai Nana

1.黙っている子

2.飛び込む

3.春物語

4.yohei

5.Escape

6.Friends Graduation

7.愛ができない

8.Ordinary

9.君分かってない

10.K

En.Stelle Cadenti

@FukaiNana

fukainana

fukainana