SENSA

2019.11.06

楽曲の世界観を映像に落とし込む。ユアネス、新曲「紫苑」Music Video撮影の裏側に潜入。

楽曲の世界観を映像に落とし込む。ユアネス、新曲「紫苑」Music Video撮影の裏側に潜入。

11月20日(水)に、1年振りとなる新作2nd EP『ES』(読み:エス)のリリースする"ユアネス"。
昨日公開されたリード曲「紫苑」のMusic Videoの撮影現場にSENSAが独占潜入してきました。先日のアーティスト写真撮影潜入記事を合わせてお楽しみ下さい。

まずは、Music Videoの視聴からどうぞ。




10月某日。
今回のMusic VideoもDirectionはユアネスメンバーのGt.古閑さんが担当。古閑さんによって念入りに練られた文字プロットを元に、スタッフィング・キャスティングが行われ、今回も撮影は「あの子が横に座る」「Bathroom」「凩」と、過去のユアネスの作品を撮り続けてくれている信頼の置けるスタッフ陣が揃いました。

まずは早朝の公園から撮影をスタートする為、朝6時に事務所に集合。
出演する女優さんのヘアメイク・衣装チェンジのあと、事前の打ち合わせを行います。
DSC00017.jpg
カメラマン1ch.(LOOP HAKATA)
1989年 鹿児島県姶良市生まれ、福岡県在住
映像スタジオLOOP HAKATAを拠点とし、企画、撮影、編集などワンストップで行う。
自身のバンド活動の経験を生かし、アーティストの音に寄り添い、
一緒にイメージを作っていくスタイルに定評がある。
人と人とのコミュニケーションを大切にし、 映像制作のみならず、写真撮影からデザイン、広告など幅広く活動中。

ヘアメイク平田美紀(Badu)
1995年03月29日生まれ、山口県出身。
TV ・CM ・ドラマ・映画など多方面にてメイクアップアーティスト・スタイリストとして福岡を拠点に活躍中。

そして、今回ユアネスのMusic Videoに初参加となる女優・夏川アサさん。

夏川アサ(Sony Music Artists inc.)
1999年7月28日宮城県生まれ。
今後の待機作に映画「その瞬間、僕は泣きたくなった‐CINEMA FIGHTERS project‐」
井上博貴監督作品「魔女に焦がれて」江波京子役にて出演を控える。(2019年11月8日より公開)
Instagram


今回の「紫苑」は、"死生観"や"人は花のよう"というコンセプトを持つ『ES』の中でも、紫苑の花言葉である"君を忘れない""遠方にある人を思う"をテーマにストーリーが構築された楽曲。
夏川さんは今回、誰かを"想い"、誰かに"想われている"、命が枯れてしまいそうな瞬間の女性を演じます。

撮影の流れの確認、Dir.古閑さんからの夏川さんへの演技の要望など、スムーズに撮影が進むよう、事前に頭に入れておいた方が良い情報を確認していきます。

打ち合わせも完了し、撮影の時間は限られているので早速1箇所目の撮影現場へ移動。
古閑さんと1ch.さんが機材のトークで盛り上がっているうちにあっという間に到着。少し陽が出るのを待って、タイミングをみて撮影スタートです。

DSC00049.jpg

まず、ロケハン済みの公園をまるっと歩き直して、どのポジションから撮り始めるか陽の当たり方を確認しながら進めていきます。この日の早朝はかなり寒く、少し凍えながらの撮影となりました。

一番初めにMusic Videoのラストシーンで使用する写真の撮影を開始。Dir.古閑さん、ここではレフ板を構えて完全にカメラアシスタント状態(笑)1ch.さんがカメラを構え、夏川さんの様々な表情を撮影していきます。

DSC00095.jpg
DSC00123.jpg

途中では撮影している様子をスマホで激写する古閑さんの姿も。

DSC00177.jpg

スチール撮影が終了すると、その場で写真をセレクトして動画の撮影に映ります。このシーンは楽曲のラスサビに当たる夏川さんの笑顔のシーン。木々の間を歩き回る夏川さんを1ch.さんとDir.古閑さんが画面をチェックしながら撮影していきます。

DSC00324.jpg

同じ場所で撮影されたこちらはMusic Videoの中でも特に重要なシーン。「この芽を振り向かせてほしい」という歌詞に合わせて夏川さんが振り返るのですが、Dir.古閑さんが振り返り方を丁寧に説明して演技指導を行います。

DSC00374.jpg
DSC00452.jpg

納得いくまで何度も繰り返し撮影。途中ではDir.古閑さんがヘアメイク古閑さんに転身(笑)

DSC00462.jpg

映像チェック中、良いカットが撮れてスタッフ陣からも夏川さんからも笑顔がこぼれます。

DSC00460.jpg

公園での撮影はこれで終了。古閑さんが持っているカメラは「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K」。6Kの映像を撮ることができる最新機種で、カメラマン1ch.さんのこだわりのSIGMAのレンズと相まって、撮影中の映像チェックから完成が楽しみになるほどの美しさ。古閑さんからも思わず「欲しい」と言葉が漏れるほど、素晴らしいカメラでした。

DSC00515.jpg

場所を移動して、次はスタジオでの撮影。
Dir.古閑さんと1ch.さんで事前に相談して決められた場所で、ここでMusic Videoの根幹となる部分を撮影していきます。

先程撮影した写真をその場にあったベッドの上に並べて確認。実際に使用する写真を選んでおきます。

DSC00549.jpg

その間に夏川さんのヘアメイクと衣装もチェンジ。実はこの衣装、作品の世界観をイメージしてDir.古閑さんが自らセレクトしているんです。スタジオでのシーンは、より"命が枯れてしまいそうな瞬間"を意識した場面になるので、ホワイトのロングワンピースで儚さを演出。メイクも外での撮影とはリップの色を変えたり、爪も紫苑の色に塗って細部までこだわっていました。

DSC00596.jpg
DSC00644.jpg

まずはMusic Videoの一番初めのシーン、夏川さんの切なげな表情から涙を流す、歌い出しまでのカットを撮影していきます。
先程の笑顔から一変、夏川さんの真剣な表情に場の空気も引き締まります。

DSC00695.jpg
DSC00676.jpg

冒頭にあるワンシーン、「気づけば枯れ果てる花のようだ」の歌詞の部分ではカメラの前を紫苑の花が通る一場面も加えています。ここではDir.古閑さんが自ら、花を動かすスピードを意識しながら移動させています。

DSC00708.jpg

次に、夏川さんが下から上に視線を上げるシーンの撮影では、事前にどんな感じに演じてほしいかをDir.古閑さんがお手本を見せて演技指導。夏川さんもその場ですぐに吸収して再現していきます。

DSC00742.jpg
DSC00756.jpg

Dir.古閑さんも念入りに画面をチェックし、修正を重ねていきます。

DSC00794.jpg

Aメロで夏川さんが紫苑の写真を抱えるとても切ないシーンも、Dir.古閑さんによる細やかな演技指導が行われます。写真を見返しながら大切な思い出を一つ一つ振り返り、それら写真から一気に切ない感情で満たされていく彼女の様子が、ひしひしと伝わってくる名演でした。

DSC00835.jpg
DSC00849.jpg

その後、Bメロにある写真が落ちてくるシーンでは、古閑さんが落とし所を決めて写真を落としていきます。ディレクター、やること多いですね...(笑)

DSC00855.jpg

場所を変えて、ラスサビのこちらのシーン。夏川さんが写真を見ていく中で、紫苑の花の写真を見た瞬間に様々な思い出が一気に蘇り、切なくて泣き崩れるシーンはMusic Videoの中では一瞬ですが、とても重要なシーン。このカットは、紫苑の色の爪が映えてより美しいですね。

DSC00936.jpg

ラスト、彼女が写真の中で眠るシーンは、実はこんな風に緑一色の写真が数枚混じっており、クロマキー合成によって、楽しかった頃の思い出の映像がその写真の中で回想されるという、とても細かい演出まで加えられています。(Music Videoの03:44〜チェック!)

DSC00955.jpg

そして、これにて夏川さんはクランクアップ!早朝から夕方にかけての長丁場でしたが、素敵な笑顔から胸が苦しくなる切ない表情まで、夏川さんの演じる紫苑の世界観に惹き込まれ続けた撮影でした。

DSC00973.JPG

そして...同日の夜。
事務所にメンバー全員が集合し、アーティスト写真を撮影した千葉県の海岸へ向かいます。
この時点で、Dir.古閑さんと撮影チーム、マネージャーは朝の撮影から18時間が経過。この後の撮影、かなりの極限状態で進んでいきます...(笑)

海岸の近くのホテルでヘアメイクを施し、衣装もアー写撮影の時と同じものに着替え、いざ撮影現場へ。
撮影は深夜から日の出の時間まで。Music Videoの時間軸を遡るように進行していきます。

まずはDr.小野さんがドラムをセッティング。ペダルをラップで巻いて、砂が入らないように対策をしていました。メンバーも各々楽器を取り出し、寒さで凝り固まった身体を演奏しながらほぐし、撮影に向けて集中力を高めていきます。

まずは、Vo.黒川さんのソロカットからの撮影。主に落ちサビの黒川さんの横顔がアップになるシーンです。
ここでもDir.古閑さんが黒川さんへ直接歌い方の指導。カメラにどのように映っているかも伝え、細かい顔の角度にもその場で修正を入れていきます。

DSC01069.jpg
DSC01140.jpg

次に正面カットの撮影。後ろからライティングすることで輪郭を強調し、とてもかっこいい映像に仕上がっていきます。どのように映っているか、ここでもDir.古閑さんが常に画面から目を離さずチェックする様子が。

DSC01206.jpg

続いて、Ba.田中さん、Dr.小野さんのソロカットを撮影。どちらも夜の演奏シーンは楽曲の終盤にくるシーンなので、よりかっこよさが際立つよう、ダイナミックに演奏していきます。場所を移動してしまうと後ろからライティングされているポジションから外れてしまうので、田中さんはその点にも意識しながら撮影を進めていきます。

DSC01278.jpg
DSC01385.jpg

全員のソロカットを撮り終え、ここからバンド演奏シーンの撮影へ。
画面を見ながら4人の立ち位置を決め、正面からどのようにライティングするかを決めます。定点での撮影、1ch.さんがカメラを持っての移動しながらの撮影と、楽曲を流しながら何テイクも撮影を重ねていきます。最終的にはこのバンド演奏とソロカットと混ぜながら、かっこいい映像に仕上げていくのがDir.古閑さんの仕事。腕の見せ所ですね。

DSC01442.jpg

だんだん夜明けが近づき、東の方が白んできたタイミングで一度ご飯休憩。深夜2時頃から始めた撮影もあっという間に朝の5時。ここがバンドシーンの撮影のちょうど折り返し地点。ここから今までの撮影を逆再生していくような撮影が始まります。

かなり明るくなってきたところで撮影を再開。まずはバンド演奏シーンの撮影からスタート。ここからの撮影はMusic Videoの始まりから1サビまでの部分で使用されるカットになってきます。

DSC01482.jpg

定点カメラでの撮影が終了したところで、1ch.さんが手持ちカメラに持ち替えるまでの合間にメンバーが映像チェック。この時間にもなるとだんだん疲れが見えてくるのですが、一番長い間起きているであろうDir.古閑さんは最後まで真剣な表情が崩れません。

DSC01497.jpg

1ch.さんがカメラを持ち替え、動きのあるバンドシーンを撮影。常に水平を保ってくれる電動ジンバルをカメラに装着し、1ch.さんがメンバーの間を移動して撮影を行います。

DSC01510.jpg

バンド演奏シーンの撮影が終わり、ここからはソロカットの撮影に戻ります。まずは小野さんから。
シンバルには見えないようにミュートをつけて周囲への音へ配慮しています。(意外と朝方はこの海岸をお散歩する方が多いようで、何をしているんだろう...という視線をたくさん感じました(笑))

DSC01608.jpg

小野さんの撮影中に、各々散らばって運指を確認したりするメンバーの姿も。

DSC01629.jpg
DSC01640.jpg

そして、小野さんはこのソロカットの撮影でクランクアップ!

DSC01696.jpg

続いて田中さんの撮影では、定点の撮影でカメラの三脚が開かれているのを見て真似をしている姿も。お茶目な一面もありますが、最後まで真剣にベースを弾いている様子が印象に残りました。

DSC01766.jpg

そんな、撮影にも慣れてきたメンバーの姿に安心したのか、少し目を閉じて休憩中の古閑さん。昨日の朝からの撮影で流石に疲れてきたのでしょうか...監督、お疲れ様です...!

DSC01720.jpg

ここで田中さんの出演カットの撮影も終了し、クランクアップ!

DSC01785.jpg

続いてVo.黒川さんのソロカットへ。1サビ歌い出しの黒川さんの口元がアップになるシーンなど、Music Videoの中でも節目にくる場面を撮影していきます。

DSC01856.jpg

そして、黒川さんも無事に全編撮影を終えクランクアップ!

DSC01865.jpg

最後は、Dir.そしてGt.古閑さん。紫苑はギターソロもかなり見せ場の多い楽曲。さすがは古閑さん。作曲者ということもあって作品の世界観を全身で表すように、最後まで気を抜く事なくエモーショナルに演奏しきっていました。特に落ちサビ前のギターソロのカット、注目してご覧下さい。

DSC01917.jpg

ここで最後のメンバー、古閑さんもクランクアップ!これにて、全撮影工程が終了です!

DSC01946.jpg

最後に、この深夜から朝までの撮影を乗り切ったスタッフで記念撮影!カメラマン1ch.さん、ヘアメイク平田さん、アシスタント永里さん、そしてメンバー、本当にお疲れ様でした!

DSC01950.jpg

紫苑の世界観をぎゅっと詰め込んだ5分弱のMV。実はこんなに長丁場の撮影で、多くのカットを重ね、Dir.古閑さんがこだわりにこだわって出来上がった映像は、多くの人の協力もあり素敵な作品に仕上がりました。ぜひ2nd EP『ES』がリリースされる11月20日(水)まで、繰り返し観て発売を楽しみにお待ち下さい。

そして、Music Videoの公開を記念して、SENSAではプレゼント企画を実施!
クランクアップ後のメンバー4人の写真にサインを入れて、Twitter/instagramで各2枚、計4名様にプレゼントします。応募方法は各投稿をご確認下さい。(〆切は11月13日(水)23:59まで)







--
「紫苑」はMVと同時にサブスクリプションサービスで先行解禁がスタートしましたが、他の楽曲ももう聴きたい...!というそこのあなた。ユアネスのレギュラーラジオ番組では一足先に『ES』から数曲、先行オンエア解禁しています。radiko.jpのタイムフリーでも聞けるので、ぜひチェックして下さい。
J-WAVE(81.3FM)「THE KINGS PLACE」
毎週木曜 25:00 - 26:00
先週(10/31)の放送では「CAPSLOCK」をオンエア。今週の放送はこちらから


ユアネス One Man Live Tour 2020 "ES"

2020年1月11日(土)福岡 BEAT STATION
2020年1月12日(日)広島 SECOND CRUTCH
2020年1月18日(土)新潟 CLUB RIVERST
2020年1月19日(日)宮城 MACANA
2020年1月25日(土)北海道 cube garden
2020年2月01日(土)大阪 CLUB QUATTRO
2020年2月02日(日)愛知 CLUB QUATTRO
2020年2月16日(日)東京 LIQUIDROOM

一般発売:12月01日(日)10:00〜


2nd EP『ES』

発売日:2019年11月20日(水)
レーベル:HIP LAND MUSIC
品番:YRNS-0003
価格:¥1,800 (tax out)

1. あなたは嘘をつく
2. ES
3. 紫苑
4. ZQ5QEBS
5. CAPS LOCK
6. 風景の一部

視聴はこちらから
--

オフショット
バンド撮影の終盤、朝になってナチュラルハイになりつつある古閑さん。
DSC01871.jpg

実はMusic Videoの納品期日が決まっており、Dir.古閑さんにプレッシャーをかけるように、あるシーンで写り込むようにスタジオにあったカレンダーを公開日に設置したSENSA STAFF。皆さん、どのカットに映り込んでいるか見つけられるでしょうか?
DSC00604.jpg