SENSA

2020.03.31

最近、不安なニュースが多いですね。音楽業界ではライブの中止や延期が続き、なんだか悶々としたスッキリしない気持ちになることも。けれど、音楽はいつでも私たちの側に寄り添ってくれています。そこでちょっと気分転換しませんか?

先日からお知らせしていた、SENSA初の読者参加型プレイリスト企画「#SENSAとつくるプレイリスト」が完成しました!たくさんのご応募、ありがとうございました。今回、「元気をもらえる曲」をテーマにみなさんから楽曲を募集。プレイリストタイトルは、「cheer up! music」。

HIP LAND MUSIC所属アーティストとみなさんで一緒につくったプレイリスト「cheer up! music」を聴いて、気持ちをリフレッシュしましょう!

ここでは、アーティストとみなさんから募集した楽曲とコメントをご紹介!

sensa_web_playlists_cheer_ok.jpg





ゴンチチ

John Coltrane「I Want To Talk About You」
Coltraneの魂が篭ったような一音目を聴いた途端、今でも心ときめきます。そしてそれを初めて聴いた過去の自分が懐かしく思い出されます。どんな凶悪な存在でも過去の楽しい思い出まで潰すことはできません。音楽は自分の過去の幸福で元気な時間を呼び戻します。そしてそれは今を生きるための大きな糧です。

ゴンザレス三上


James Taylor「God Bless The Child」
ジェームス・テイラーの新譜「American Standard」よりの一曲。ジェリー・ダグラスのドブロギターも素晴らしいし、ジェームスの軽やかな声とギターを聴いていると、すっと心の霧が晴れて行きます。

チチ松村



サカナクション

Bob Dylan「The Times They Are A-Changin'」
ミュージシャンとして、いま出来ることを考え、実践している毎日ですが、いちミュージシャンに出来ることは限られているという無力さを感じることもあります。こういう時だからこそ、音楽を届けること、新しい音楽の届け方を考えることを続けていきたいと思っています。時代が変わっていく中で、何かしら良い変化を齎すことができるよう、考えて、行動していきます。

山口一郎(Vo&Gt)



KANA-BOON

KANA-BOON「スターマーカー」
最低な夜を抜けて、という歌詞があります。
各方面で当たり前が当たり前ではなくなってきている中、ライブがある日常も奪われてしまいました。やりきれない気持ちが渦巻いていますが、こんな時こそ好きな音楽を聴いて、楽しく過ごせる時間を持つことが大切です。この最低な夜を抜けたら、ライブで最高な夜を一緒に過ごしましょう。

谷口鮪(Vo&Gt)

SENSA読者も選曲!
曲調もポップで歌詞も未来は変えられるんだという前向きな意味も込められています。バンド自体も3人体制になっての新曲でこれからの未来は明るいんだって思わせてくれる曲です。(ruka さん)


サンボマスター「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」
この曲を聴くと、今から何かが起こるんじゃないかという「ワクワク感」が込み上げて来ます。
そして、今の自分をポジティブな気持ちにさせてくれる。
元気以上のものをもらえるとても好きな曲です。

古賀隼斗(Gt)


ASIAN KUNG-FU GENERATION「マーチングバンド」
軽快なドラムビートと印象的なギターとベースのフレーズそして歌の展開!サビに向かって広がっていく感じが何とも堪らなくテンションが上がるし元気がでます。応援されている気持ちになるので聴いてます。

小泉貴裕(Dr)



The fin.

M83「Go!」
大好きなアルバムの中からの一曲。Chorusパートに行くまでのカウンドダウンはワクワクしてまるでアトラクションのよう。
最後のギターソロはこれでもかというくらいの超絶ギター。特にギターキッズは元気が出ること間違いなしです!笑

Yuto Uchino






Daft Punk「Get Lucky」
言わずと知れた、"The Party"な曲。この曲が似合うパーティーを再び行えるように、前を向いて乗り越えていきましょう!

Kaoru Nakazawa



odol

odol「虹の端 (Rearrange)」
「虹の端」という曲の中では、僕たちにとって音楽とはどんなものなのかを歌っています。離れている人にも届けられるというのもまた、音楽の素晴らしさの一つだと思っています。
それでも、直接会って音楽を鳴らすことでしか伝えられない感動も沢山あります。
皆さん、お身体にお気をつけてお過ごしください。また春を迎えられるように願っています。



LITE

Jun Izawa「Genki」
FRIENDSHIP.キュレーターとしても活動しているLITEの井澤さんからは"元気"をテーマにプレイリストを作成してもらいました!

僕個人が心身ともに助けられたと思える楽曲たちです。実際一曲ごとにいい思い出がつまってるので、聞くたびに元気が湧いてきます。






ユアネス

石田燿子「乙女のポリシー」
本当に辛い時、何事も受け入れられなくなってしまう事があると思います。
そんな中で少しでも気持ちが前向きになれた時に、
きっとこの曲が背中を押してくれると思います。
皆様にとっての春が来ることを心より願っています。

黒川侑司(Vo&Gt)


dreamcatcher「Scream」
数々のアーティストの
音楽を聴いて作業をしていた時
不意に流れた楽曲なんですが
自分の中に衝撃が走ったのを
今でも覚えています。

歌・楽曲・ダンス・映像どれも
とてもかっこ良いので
この機会に皆さんに知って欲しい
アーティストになります。

そしてもっと日本に来る機会が
増えるといいなと思っています!

古閑翔平(Gt)


NICO Touches the Walls「天地ガエシ」
気持ちや覚悟のやり場のない今だからこそ、来たるべき時の為に思いを何倍にも膨らませている毎日。
この曲はそんな状況の中で背中を押してくれる応援歌になると思います。
同じ空間をまた皆んなで共有できる日を待ち望んでいます!

田中雄大(Ba)


Alan Walker「All Falls Down (ft. Noah Cyrus & Digital Farm Animals)」
世間的にあらゆる事がダメージを受けていて
楽しみや大事な行事も潰れたりして悔しい思いをしてる人も沢山いると思います。
僕がこの曲を選んだ理由は、「すべてが終わればなんとかなる」という歌詞があるからです。
現実はそう簡単には行かないことの方が多いのですが希望を持つ事は大切だと思います。
曲全体の意味的には恋愛の曲なんですが、
この曲は多方面に通ずる歌詞が散りばめられていると僕は思います!
日常を脅かす事が起こっている時こそ大切な人を思い馳せいかに大切なのかを再確認できると思います!
この曲を大切な人を思い浮かべながら聴いてみてください!

小野貴寛(Dr)



Keishi Tanaka

Keishi Tanaka「Breath」
聴いた人の内側に何かを置いていく曲を作りたいと思い書いた曲。お気に入りの場所に行って、深呼吸して元気になるときのあの感覚。今こそ必要なんじゃないかなと思ってます。

SENSA読者も選曲!
ーやりきれないことに溺れる日々よ 怒り憂い声に出し泣き 
全てに終わりがある意味を知り... it's gonna be a good day
この場所で今止まらずにー
感情に溺れそうなとき呼吸を整えてくれ、また前を向ける曲です。(みし さん)



DENIMS

G.Love & Special Sauce「Cold Beverage」
ブルースやジャズをベースにラップぽい歌唱をするG Loveのスタイルに知った当時衝撃を受けました。今も大好きです。

カマチュー(Vo&Gt)


eastern youth「夜明けの歌」
中学3年の夏休み、この曲を聴いて衝撃を受けすぎて次の日自転車で和歌山マリーナシティまで突っ走ってしまいました。今でもワンマンライブ等の前日にはこの曲を聴いて眠ります。

おかゆ(Gt)



FRIENDSHIP. キュレーター

HIP LAND MUSICのデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」のキュレーターであるタイラダイスケさん(FREE THROW)・片山翔太さん(下北沢BASEMENTBAR)にも選曲してもらいました!

The Chef Cooks Me「song of sick」
音楽にしか出来ないことがあるという事を今まで散々痛感してきた人生なんですが、
好きではどうにもならない時こそ、好きだという気持ちの再確認が大事かと思います。
自分の半生を投影してしまうような彼らの音楽賛歌は、こんな時だからこその1曲でもあります。

タイラダイスケ(FREE THROW)


The Leisure Society「Fight For Everyone」
タイトルそのまま、もうちょっと頑張ってみようかなという元気をもらえます。
アルバムの中でも群を抜いてポップでミニマルな、可愛らしいプレゼントみたいな一曲!

片山翔太(下北沢BASEMENTBAR)



SENSA読者の選曲・コメント

サカナクション「夜の踊り子」
先の見えない未来でも、イメージすることによって変われる。そんな思いを感じながら聴いています。(kaze999 さん)


羊文学「1999」
ちょうど1999年生まれの子供がいるので、毎日元気で側にいてくれる事の幸せを感じます。(ななき さん)


odol「years」
この曲を聴くと、自分にとって大切な存在に再会する瞬間が思い浮かんで、今日もがんばろうという気持ちや、元気がもらえる一曲です。(あき さん)


バレーボウイズ「人間大好き」
初めて聴いたときの衝撃が忘れられない。ライブで盛り上がる曲だけど歌詞の世界観はしっかりバレーボウイズであたたかさがあるというかなんというか。人間大好き!という感情で終われるので好きです(ひげ さん)


The Wisely Brothers「柔らかな」
特別アップテンポで、明るくパワフルな楽曲、という訳では無い。でも、メロディも歌詞も曲名のとおり柔らかな包容感に溢れている曲。
聴くと落ち着いて、泣きそうな気持ちも和らぐ。心から大好きですね。(きょうへい さん)


MAN WITH A MISSION「Emotions」
どんな時でもこの曲を聴くと『よし!やるか!』ってなれます(すゐふよう さん)


GONTITI「風の国」
聴いたら元気になる。自然に踊り出したくなるよ。
聴きながら歩けば足取りは軽いよ!(kinokonoki さん)


嵐「Troublemaker」
曲のノリがいいところ。サビの"sweet sweet" "do it! do it!"のところで聞いてる人も楽しめるところ(おむらいす。 さん)


Ryu Matsuyama「Footsteps」
理由もわからないし答えも見つからないけどいろんな感情と向き合った音楽は力強く美しいと思う。(1250312 さん)


UVERworld「CHANCE!」
このお題でパッと浮かんだのがこの曲。
曲の序盤で銀テが飛んでいくライブでの景色が頭の中で広がって自動的にテンションが上がります₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾
眩しいくらいキラキラした音と前向きな歌詞で元気をくれます!げっちゃん!(k さん)


フレデリック「オンリーワンダー」
「頑張れ」という単語は入っていないのに、前向きになれる!(iku さん)


鶴「グッドデイバッドデイどんとこい」
ま、こんな日もあるよね〜!と思える歌詞とスキップしたくなるメロディだからです。(かしわ さん)


the quiet room「パレードは終わりさ」
聴いてると明るい気持ちになる、太陽みたいに心を照らしてくれる歌
少し気持ちが沈んでる時とか苛々した時とかもクワルーの歌に沢山元気と笑顔をもらってます(ひっさ さん)



明日から、新年度の始まり。楽しみな気持ちもあれば、不安が募るこの時期。みなさんとつくったプレイリスト「cheer up! music」で元気をもらえる楽曲をたくさん聴いて、少しでも前向きに過ごしてもらえたら嬉しいです。今こそ、音楽を聴いて心を癒してください。これをきっかけに、新しい音楽との出会いがあれば、それもまた素敵なことだと思います。
たくさんのご参加ありがとうございました!